スノーボードについてのご紹介サイトです

LET's TRY BOARDING

ここでは、スノーボードの選び方についての紹介です。これから、スノーボードを始めようと思っている方に何を揃えればいいのかなど、選ぶときの参考にしてみて下さい。
はじめは結構何を買っていいかわからないことばかりですよね。
選ぶポイントをしっかりしてれば選ぶ時に失敗はしないと思うので、自分の目で確認しながら購入するようにしましょう。
また少しでも疑問に思うことががあるならお店の人に聞くと教えてくれると思うので尋ねてみるのもいいかもしれません。

 

ボード

ボードがなければスノーボードは出来ないですよね。滑るための板が必要です。大きくわけるとフリースタイルとアルペンの2種類に分けることが出来ます。ボードを選ぶポイントとしては・・・・。

【アルペン系】アルペンボード

ボードの板は長めで腰部分のの幅は狭く出来ていて、キックがノーズ部でテール部は平たく切られた形状です。ストレート性に大変優れるボードと言えます。


【フリーライディング系】ディレクショナルボード

前後非対称のシェイプのボードでボードの中心がテール側に寄っており前後違う形になっています。


【フリースタイル系】ツインチップボード

前と後が非対称のシェイプボードで、ボードの真ん中がテール側にあって前と後が違う形状となっています。


【パウダー系】スワロテールボード

腰部分の幅が広く出来ていてテールの部分が2つに分かれている形状のボードです。雪の中でも浮きやすいタイプのボードなので、雪に埋まることなく滑ることが出来ます。


ボードの長さ

ボードの長さですが、ボードが長いとスピードを出して滑るときに安定し浮く力が大きくなってきます。それとは逆に、ボードが長すぎてしまっては、回転しにくくなってしまいボードでの素早い動きが困難となってしまいます。

ボードが短い場合は回転はしやすく、ボードを取り回しやすくすることが出来ます。逆にボードが身近すぎてしまうとスピードを出して滑るときに安定感がなくなりバランスを崩しやすくなってしまうのです。ボードの長さは基本は自分のあごの位置部分から鼻の位置部分の長さが丁度いいと言われています。簡単に言ってしまうと、自分の身長から約10㎝~20㎝くらいが良いと思います。

また、エッジの長さも大切で滑りも変わってきます。ボードを買い換えたいというときには以前に使用していたボードを参考にしてみるといいでしょう。それぞれのスタイルや体型などによっても異なってきます。
体重が結構あるという人は、若干眺めのボードを選ぶと良いでしょう。女性の場合には足の力が弱いという人が多いのでそういった人は、若干短めのボードを選ぶと良いと思います。


ボードの幅

次にボードの幅についてですが、ボードの幅にも特徴はいろいろとあります。ボードが広いと安定感があり、浮く力を必要とする場合には広い方がおすすめです。太すぎてしまうと回転するときに力が必要です。
ボードが細い場合だと、早く切り返しをすることが出来ます。また、足の大きさによってもボードの幅は選ぶときに重要なポイントです。足の大きい人はボードの幅が狭いと回転するときに雪面に引っかけてしまうことがあるので注意しましょう。

ボードの幅の選び方としては、ブーツのサイズに対し3㎝以上狭くないくらいが丁度良いでしょう。足のサイズが小さい人はエッジ部分まで届かないためボードに力を入れることが出来ないのです。回転がしにくくなってしまうので、ボードを選ぶときにはきちんと確認をしましょうね。


【ボードの柔らかさ】フレックス

次にボードの柔らかさについてですが、ボードの柔らかさというのはしなりのことを言います。
板が軟らかいと回転や操作がしやすく、いたの反発する力が小さいため回転をするときに足の力をあまり使わなくてすむので、連続して回転をすることがしやすくなります。
逆に板が硬い場合はとういと、滑るときに安定感があって、板の反発する力が大きいです。


【ボードのねじれ】トーション

ボードのねじれについては、ボードの柔らかさと一緒でねじれが大きいほど回転がしやすいです。逆に小さいと安定感があります。


ボード選びでの注意

安いからといって簡単にかってはいけません!

ボードの価格が安いからといって直ぐに「これにしよう」って決めてしまうのはよくありません。そういったボードは大抵他のボードと比べると雑で滑りにくいボードかもしれません。
スノーボードがはじめてな人でも、いくら安いものであってもやや高い位の良いボードを選ぶことをおすすめします。いくら安くたって滑りが悪いと楽しいはずのスノーボードも楽しくなくなりますよね。滑りやすいと基礎も作ることが出来ると思いますょ。

また、安いボードの場合メーカーの保証がないということもあるので、気をつけましょう。保証をしているショップもありますが、安心の出来る保証があった方がいいですよね。選ぶときにはボードにメーカーの保証がきちんとついているか確認するのを忘れずに・・・。

ボードの柄で選ぶのはちょっと待って!!

ボードの柄が可愛い!格好いい!からといってすぐ「これにしよう」って決めちゃぁいけませんですょ。
ボードにもスタイルによって違ってくるのです。自分のスタイルに合っていないボードを選んでしまっては滑りもよくないですよね。

ボードを選ぶときには始めにボードの柄で選ぶのではなくて、自分のスタイルにあったものを選んでからそれからボードの柄を選ぶといいでしょう。

自分の目できちんと確認しよう!

スノーボードをするのが初めてという初心者さんには、どんなボードを選んで良いのか最初は分からないと思います。
いいボードを選ぶには一番の方法はお店の人に聞いてみる!ということです。でも、それにはお店の選び方にも気を付けなければいけません。ボードのことをきちんと教えてくれたり、自分に合うかどうかをきちんとアドバイスしてくれる、そんなお店を選ぶと良いです。
そんなお店ではきちんと情報やメンテナンスの仕方なども教えてくれると思うので、いい勉強にもなると思いますょ!

でも、お店の人だけに頼ってしまうのではなく、やっぱり自分の目で確かめてみることもたいせつですょ!初心者の場合だと、どうしてもわからないことだらけなので、頼ってしまうことがあるかもしれませんが、自分の目できちんと確認して自分に合うかどうかを確かめて選ぶのもいいかもしれませんね。

check

脱毛サロン 宇都宮

Last update:2017/7/12

copyright (c) 2008 LET's TRY BOARDING. All Rights Reserved.