スノーボードについてのご紹介サイトです

LET's TRY BOARDING

BIGINNER LESSON2

ここでは、これから滑ろうと言う方の為に基本となるテクニックについてのご紹介です。
基本をマスターしないことにはうまく滑れないですよね。まずは基本をおぼえてうまく滑れるように学習しましょう〜☆また、スノーボードの会社設立に興味のある方はご相談してみてください♪

 


LESSON-横滑り,ペンジュラム,直滑降,直滑降から停止

SIDE SLIP-横滑り-

まずはじめに滑ってみるのが横滑りから始まります。これでボードのバランスとエッジのコントロール感覚が分かってきます。まずは、自分の意思で滑ったり止まったりする練習です。地味だなぁ〜なんて思ってはいけません。がんばりましょう。

フロントサイド

@:斜面に向かって、板を水平に置き、片方をあげておきます。
A:少しづつあげてあるほうを下げます。するとすこしづ滑っていきます。
B:このとき、さげたほうを上げるとすこしづつ止まっていきます。
C:これで滑ったり止まったりする練習をしましょう。

バックサイド
バックサイドの場合は、フロントサイドとほとんどやり方は一緒で、フロントサイドを後ろ向きにした感じのやり方です。フロントサイドのように練習をしてうまく滑れるように頑張りましょう〜!

PENJURAM-ペンジュラム-

ペンジュラムとは、ジグザグな横滑りで降りる事を言います。両サイドの横滑りでの応用によって両方の足への体重のかけ方のコントロールを頭に入れましょう。

@:滑り方は横滑りと同じで、前足に少し体重をかけてすると前に進んでいきます。
A:前足に体重をかけているのを、両足に体重をかけるようにして横滑りをします。そうしたら後の足に前足と同じようにして体重をかけ横滑りの状態にします。
B:後のあしに体重をかけているのを、両足に同じくらいにして@の状態へと戻していきます。
C:フロンとサイド、バックサイドなども一緒です。

SCHUSS-直滑降-

それではまっすぐ滑ってみましょう!

@:斜面に対して板をたてにしておきます。この場合軽く腰を下ろして膝を曲げて体勢をとります。
☆体重は同じように両足にかけます。はじめだと怖いと思うかも知れませが、頑張って練習しましょう。
A:あとはバランスをとってまっすぐ滑るだけです。止まり方も同時におぼえましょう!

SCHUSS TO STOP-直滑降から停止-

止まれないと話になりません。止まり方をきちんと身につけて安全に滑るようにしましょう!

バックサイド
@:上記に書かれている横滑りのフロントサイドと一緒のやり方と一緒です。
A:板を横にして板が横になると、横滑りで止めていきます。

フロントサイド
@:後の足を後に持っていって板を真横にします。
A:板がが真横になるとかかとをあげて前に体重をかけて止めます。

LESSON-斜滑降,フロントサイドターン,バックサイドターン-

SLANT DESCENT-斜滑降-

大抵はペンジュラムと同じやり方です。

@:目線は進む方向を見て腰を下ろして安定をとりましょう。

FRONT SIDE TURN-フロントサイドターン-

いよいよ回転に入りましょう。やっぱり回転をしないと格好もなかなか付かないですよね。

@:後足を後に持っていって、板を縦の状態にします。かかとに体重を板の真ん中にかけます。
A:板を縦にしてすこししゃがんで、後のあしに体重をかけます。

☆行きたい場所に目を向けて順番よくすすんで行きましょう。

B板を横にして、左右の手で安定感をとります。これで上手に滑れること間違いないでしょう。

※はじめのうちは大きな技をせずに、徐々に徐々に慣れてきたら、するといいかも!慣れない内にしてしまうと、大けがの元になりますからね!気を付けましょうね。

BACK SIDE TURN-バックサイドターン-

上記に書かれているフロントサイドターンの逆でやり方は殆ど同じです。はじめは苦手!という人が多いですが、頑張って練習してみましょう!

@:ボードを縦にします。降ろしているほう(つまさき)の足にかかっている体重をゆるめていきます。
A:上がっている方のあしに体重をかけて、後足を横に持ってきます。そこで回転!するのです。
B:あとは安定をとって滑れば、上手にすべれること間違いないでしょう!

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/20

copyright (c) 2008 LET's TRY BOARDING. All Rights Reserved.