スノーボードについてのご紹介サイトです

LET's TRY BOARDING

 
スノーボードメンテナンス

ワックスについて

車を磨く時にもワックスって使いますよね。ボードにもワックスは必要ですが、そのほかにもいろいろなワックスの役目というのがあるんです。ボードの会社設立ではワックスの種類も豊富に揃えておきたいです。 

①滑走性能をよくする

ワックスと言うと滑りをよくするために使います。ワックスには防水性があって、雨や雪が降ったりしても水滴などをはじき飛ばしてくれるので滑りもよくなるのです。

②ソールの汚れを落とす

滑る力があまりないという時に、ワックスを利用します。汚れをきちんと落とすことによって、汚れをワックスが剥がしてくれるのです。

③ソールの保護

ワックスには大事な板を保護してくれます。
板を使わない季節でも、ワックスをきちんとすることによって、板がいたむことなく、次に使う時にも変わりなく使うことが出来ます。なので、使わない季節でもメンテナンスは怠ってはいけませんょ!

クリーニングワックス(ベースワックス)

フッ素が入っていないパラフィン系のワックスです。ソール部分に付いている汚れを取ってくれます。ソールにワックスを塗ったままで置いておくとソールの保護にもなります。

滑走ワックス

冬の温度によってワックスの種類も違うので、いろいろと使い分けも出来ます。

一般的にフッ素の入っているワックスで、ワックスの種類によってはフッ素の入っている量も違います。フッ素が多く入っていると湿雪だと効果は期待できますが、そうじゃない場合だと逆効果になってしまうことも・・・。

ベーストタイプ

女性がお化粧を塗るファンデーションようにペースト状で、直接塗って使います。滑る前に天気が変わったりしても直ぐ塗ることが出来るのでいいですょ!

パウダータイプ

パウダータイプのワックスは、ワックスをしたあとにかけてぴかぴかにします。効果を出したい!という方には、パウダータイプのワックスをする前のしっかりしたワックスがけが大切ですよ!それができなければ、ぴかぴかになることはないでしょう。

スプレータイプ

スプレータイプは簡単にすることが出来ます。他のワックスに比べると多少劣る所はありますが、それほど違いはあまりないでしょう。しいていうなら、ワックスが持ち続ける期間が短いことでしょう。



注目サイト

2017/4/20 更新

copyright (c) 2008 LET's TRY BOARDING. All Rights Reserved.